空燃ゆ – 寒風吹きすさぶ5月の美瑛の丘 –

空燃ゆ – 寒風吹きすさぶ5月の美瑛の丘 –

急速に染まり始めた空を撮るために

きっとあの場所なら

と確信を持って

アクセルを踏み込んだ。

誰もいない丘に着いた時

空はまさに燃えていた。

久しぶりに息を呑むような

感動的で豪華な夕焼け。

車から飛び降り

広角ズーム12-40mmを装着している

E-M1で撮り始めた。

いつもなら

E-M1 MarkⅡに

このレンズを付け替えるか

Fisheye 8mmに交換して

二台体制で撮っていたはずだが

どんどん姿を変えていく

この凄い夕焼けを撮るには

あまりにも余裕がなかった。

丘にはビュービューと

唸るような強い風が吹いていた。

猛烈に寒い!

誰もいないこともあって

寒さが一層突き刺さるように感じた。

あまりにも寒くて

カメラを構える手が

ガタガタと震えだした。

真冬でも

あまり経験のない寒さだった。

手の震えは増すばかりで

いくら強力な手ブレ補正でも

効かないのでは?

と思うほどだった。

実はこの夕焼けを撮る前に

1時間ほど

クリスマスツリーの木を撮っていた。

この時も

冷たい風がすごく強くて

あまりにも寒いので

車に常時積んでいる

冬用のジャンバーを着込んだ。

それでも寒くてフードを被った。

そんな格好で

なんとかしのぎながら

なんとなく「焼けそうだ」と感じ始めた頃

耐え難い尿意が湧き上がり

その場で。。。と思ったものの

遅れて来た女性がいたので

撮影を諦め

車に飛び乗って

美瑛のローソンを目指して

ぶっ飛ばした。

やっと着いて

店に飛び込み

まっすぐトイレに向かうと

トイレの前に立て看板。

なんだ?と覗き込むと

「コロナのため閉鎖中」

ナヌ〜〜〜〜〜!!

絶対絶命!!!!

仕方なくセブンイレブンに急行。

幸いこちらは使えて

出したのと出たのがほぼ同時。

天井を見上げ

ふ~っと大きな息をつきつつ

もう二度とローソンには行かんぞ!

と誓った。

ホッとして外に出てみると

案の定

空が焼け始めていた。

夕暮れを撮るなら

西側が見下ろしで

開けたあの場所しかない

と思い車を飛ばしたのだ。

だから撮り始めた時から

真冬並みの服装だった。

にもかかわらず

震えだすほど寒いのだから

この時のこの丘の寒さが

少しは想像してもらえると思う。

この夕焼けは5月18日。

今日は5月28日。

6月まであと4日しかないのに

ストーブを点けなければ

寒くていられない。

いくらコロナのおかげで

灯油が安いと言っても

「もう春も終わりだぞ!」と言いたくなる。

しかしこの寒さ故か

最近の空は面白い。

大雪山連峰の上に

3層に重なるレンズ雲が現れ

上空に吹く強い風のせいで

刷毛で描いたような

美しい雲が見られたりする。

そう考えると

けっして悪いことばかりではないのだが

とにかく寒すぎる。。。

似たような写真ばかり

と思う方もいるかと思いますが

時系列に沿ったものです。

クリックすると拡大します。

あらためてご覧いただければ

幸いです。

空燃ゆ – 寒風吹きすさぶ5月の美瑛の丘 –” への3件のフィードバック

  1. [* Shield プラグインがこのコメントを “Trash” としてマークしました。 理由: 失敗したボットテスト (チェックボックス) *]
    綺麗な夕日ですね。素敵です。きっとこのロケーションを見つけて、何度も通ったのでしょう。見とれてしまう。

  2. 素晴らしい光景ですね。このような夕景はなかなか実際に見ることはできないです。寒さの中、夢中でシャッターを切っているE男さんのお姿を想像します。自然の美しさを感動をありがとうございます。  余談ですが、車の中に簡易トイレというものを用意しておくといいかな?(^^)/  Momiji

    1. momiji様

      コメントありがとうございます。
      コメント投稿がうまく機能していないようで申し訳ありません。
      この日の夕焼けはすごく迫力がありました。
      めったに見られない素晴らしい光景に感動しました。
      言われてみて気づきましたが車にそうした物を積んでいたような。。。
      忘れてちゃ意味ありませんね。。。
      またコメントお待ちしております。
      いつもありがとうございます!

コメントを一言書いていだけるとうれしいです。